ファイナンス/メンテナンスリース
自動車リース導入により、煩わしい車両管理業務が合理化できます。
1台の車を所有すると、メンテナンス、税金、保険などさまざまな業務が発生し、さらに自動車ディーラー、保険会社、修理工場など多くの企業との関係が生じます。それら複雑な業務を一元化でき、人的・資金的負担を大幅に削減できるのが自動車リースです。


2種類の自動車リース
トータルメンテナンスのメンテナンスリース 財務をサポートするファイナンスリース
車両の購入から維持・管理までのトータルサービスを受けることができます。
アウトソージング効果の大きい新しい経営方法として注目されています。
点検・整備・修理などはお客様のご負担となりますが、財務・経理面でリースならではのメリットが得られます。

内容 メンテナンスリース ファイナンスリース
車両代
登録費用
自動車諸税(取得税・自動車税・重量税)
自賠責保険
任意保険
スケジュール点検 -
法定点検 -
車検 -
一般整備及び故障修理 -
タイヤ・バッテリーの交換 -
各種消耗品の交換 -
代車サービス -
ロードサービス -
事故処理サービス -

リースのメリット
総合的なサービスを備えたメンテナンスリース。
企業のさまざまな場面で合理化を実現します。

1.アウトソーシングメリット
安全・安心・省力化を実現します。
リース車両は専門家による定期的なチェック・整備が施されてるため、常に安心してご使用いただけます。
万一、事故や故障が発生した場合でも、ロードサービスや代車サービスなどでスピーディーに対処し、業務効率の低下を防ぎます。
車両購入・維持・管理に伴う手続きを当社が代行することにより、お客様の業務が大幅に削減されます。
煩わしい業務をアウトソージングすることで、大幅な省力化が可能になります。これにより人材の有効活用が図れます。

2.財務メリット
資金の有効活用を実現します。
購入の場合とは異なり、多額の資金調達は不要となります。その結果、資金を他の用途に有効に活用できます。
月額リース料は定額のため、資金計画が容易になります。

3.経理メリット
中小企業については、リース料はすべて経費として損金算入され、節税にも有効です。

リース期間満了時には、物件を宮銀リースに返却するか、そのまま継続して使用する(再リース)か、いずれかを自由に選択することができます。


トップページへ ページの先頭へ
Copyright (c) 2007 MIYAGIN LEASE. All rights reserved.
プライバシーポリシー ご利用条件 お問い合わせ サイトマップ